彫刻家・戸谷成雄「森」シリーズ新作を発表
戸谷成雄 森 X  2016 木、炭、アクリル 各220x31x31cm 30点組  ©the artist Courtesy of ShugoArts

彫刻家・戸谷成雄「森」シリーズ新作を発表

チェーンソーで木材を大胆に彫り刻んだ作品で知られる戸谷成雄の個展「森 X」が、シュウゴアーツ(六本木)で2016年12月16日より開催される。


 古今東西の彫刻を研究し、独創的な彫刻史観を確立してきた戸谷成雄(1947年生まれ)は、これまでチェーンソーで木材を大胆に削った作品を制作してきた。古代のレリーフ的彫刻や「アルテ・ポーヴェラ」、もの派といった様々なスタイルを反映させた戸谷の作品は、日本の現代彫刻において重要な位置を占めている。

 1970年代より彫刻家として活動を始め、1988年のベネチア・ビエンナーレ国際芸術展に参加するなど、国外でも賞賛を集めてきた。近年では、「大地の芸術祭2015」のオープニングとして開催された清津倉庫美術館の開館特別企画展「4人展:素材と手」といった多数の展覧会に参加している。

 本展では、1987年に制作を開始した「森」シリーズより第10作目となる新作を発表。表面の有機的なうねりによって、森の持つ複雑な構造が表現された彫刻30点からなる作品を展示。あわせて、新作小品および過去のブロンズ作品も展示する。

戸谷成雄「森 X」
会期:2016年12月16日~2017年2月5日
会場:シュウゴアーツ
住所:東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F
電話番号:03-6447-2234
開館時間:火〜土 11:00~19:00 日 12:00〜18:00
休廊日:月祝休、2016年12月26日〜2017年1月9日
URL:http://shugoarts.com/
次の10件を表示