「マリメッコ」の仕事に迫る展覧会がBunkamuraで開催
マイヤ・イソラによるファブリック《ウニッコ(ケシの花)》(1964) Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

「マリメッコ」の仕事に迫る展覧会がBunkamuraで開催

日本国内でも人気の高いフィンランドのブランド「マリメッコ」のデザインを紹介する展覧会が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催される。会期は12月17日〜2017年2月12日。


 女性デザイナーのアルミ・ラティアにより、1951年にヘルシンキで創業されたマリメッコ。フィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得たカラフルで抽象的なデザインや、特徴的な柄を活かしたプロダクトで人気を得て、1960年代には国際的に展開を開始。創業から60年以上を経た現在では、ファブリックだけでなく家具や日用品も手がけるライフスタイルブランドとして、世界中で親しまれている。

 国内初の大規模な巡回展となる本展では、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック、ヴィンテージのドレス、デザイナーによるスケッチやインタビュー映像など計200点以上を公開。有名な「ウニッコ」をはじめ約500種類もの図案を生み出したマイヤ・イソラ、陶芸家でもあったヴオッコ・ヌルメスニエミ、日本人デザイナーの石本藤雄ら個性的なデザイナーの仕事や、デザインが構想されてから製品となるまでの流れなどを紹介し、60年以上に及ぶマリメッコの歴史をたどる。

 なお、会期中の12月17日〜22日には、本展会場に隣接するBunkamura ル・シネマにて、創業者であるアルミ・ラティアの人生を描いた映画『ファブリックの女王』の特別上映も行われる。

マリメッコ展─デザイン、ファブリック、ライフスタイル
会期:2016年12月17日〜2017年2月12日
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10:00~19:00(12月31日を除く金・土は〜21:00、入館は30分前まで)
休館日:1月1日
入館料:一般 1400円 / 大高生 1000円 / 小中学生 700円
URL:http://www.bunkamura.co.jp

【関連イベント】
映画『ファブリックの女王』特別上映
日時:12月17日〜12月22日 各日19:25~
会場:Bunkamura ル・シネマ
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
料金:1200円(マリメッコ展のチケット提示で1000円)
次の10件を表示