初台で身体と現象を表現する早川祐太の個展が開催中
早川祐太 body 2016 インクジェットプリント ©Yuta Hayakawa Courtesy of Hagiwara Projects

初台で身体と現象を表現する早川祐太の個展が開催中

自然界の現象を取り入れたインスタレーションや立体作品を制作している早川祐太の個展「about body」が、ハギワラプロジェクツ(東京・初台)にて12月25日まで開催されている。


 1984年生まれの早川祐太は空気や水を利用し重力や浮力といった自然現象に着目したインスタレーションや、軽量粘土を用いた立体作品によって、現象を視覚化する空間を提示してきた。

 軽量粘土を使って成形のプロセスに着眼した《body》(2016)は、作家が加えた力に対して素材が反発する力で生成されるかたちを残しながら造形していくことで、複雑な力の集積が形態として出現しており、どこか生命力を感じさせるようだ。

 本展では、《body》の素材をブロンズに置き換えた彫刻作品と彫刻の部分を撮影された写真作品を発表。「存在すること」への問いを、身体と現象の関わりを通して表現する。

早川祐太「about body」
会期:2016年11月11日~12月25日
会場:ハギワラプロジェクツ
住所:東京都新宿区西新宿 3-18-2-101
電話番号:03-6300-5881
開館時間:火〜土 11:00~19:00、日 12:00〜17:00
休館日:月祝休、11月28日〜12月12日
URL:www.hagiwaraprojects.com
次の10件を表示