福島・CCGAでフランク・ステラの版画展が開催中 
展覧会風景

福島・CCGAでフランク・ステラの版画展が開催中 

アメリカの戦後美術を代表するアーティストのひとり、フランク・ステラの版画作品を紹介する展覧会が、CCGA現代グラフィックアートセンター(福島)で開催されている。会期は12月23日まで。


 1950年代末、黒いストライプで大画面を埋め尽くした抽象画を発表し、鮮烈なデビューを果たしたフランク・ステラ。絵の形にキャンバスを合わせて加工する「シェイプト・キャンバス」を使うなど、抽象画の新しい可能性を模索し続け、さらには平面にとどまらずレリーフや彫刻も制作してきた。

 ロサンジェルスで版画工房を設立したプリンター、ケネス・タイラーの導きで、ステラは1960年代後半から版画制作に取り組み始めた。その制作プロセスは、1990年代以降、ステラの他の形式の作品にも影響を及ぼしてきた。ステラのほかにも多くのアメリカのアーティストが作品を制作したタイラーの工房は、アメリカ美術を語るうえで欠かせないものとなっている。

 本展では、CCGA現代グラフィックアートセンター所蔵のタイラーグラフィックス・アーカイブコレクションのなかから、過去の文学作品に登場する架空の地名を作品タイトルとした「イマジナリー・プレイシズ」シリーズを中心に、ステラの90年代後半の作品を展示。また、ステラの版画制作の集大成とされる同シリーズから《ドゥビアクソ》の絵柄を用いた、大型タペストリーも公開される。

フランク・ステラ[イマジナリー・プレイシズ]:タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展 Vol.29
会期:2016年9月17日~12月23日
会場:CCGA 現代グラフィックアートセンター
住所:福島県須賀川市塩田宮田 1
電話番号:0248-79-4811
開館時間:10:00~17:00(入館は16:45まで)
休館日:月曜日(祝日に当たる場合を除く)、祝日の翌日
入館料:一般 300円 / 学生 200円 / 小学生以下と 65 才以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料 
次の10件を表示