畠山直哉「まっぷたつの風景」展、せんだいメディアテークで開催
畠山直哉 Terrils #02337 2009

畠山直哉「まっぷたつの風景」展、せんだいメディアテークで開催

写真家・畠山直哉による、初期から現在までの約200作品を展示する個展「まっぷたつの風景」が、せんだいメディアテーク(宮城)で開催されている。会期は11月3日〜2017年1月8日。


 畠山直哉は1980年代から、石灰石鉱山や、都市のビル、地下空間などを被写体として、都市・自然・写真の関係性を問う作品を発表し続けてきた。2011年の東日本大震災以降は、故郷である陸前高田の風景を扱った作品の発表や、震災に関連する活動を積極的に行っている。

 畠山は「風景は、ただそこにあったものではなく、人間が歌を詠んだり絵にしたり写真を撮ったりするたびに、新しく生まれている」と語り、表現に応じて異なる姿で現れるものであるととらえる。本展では、初期から現在までの約200点の作品を通して、美しさと残酷さといった要素が同時に内在する「風景」のあり方を提示し、その二面性や両義性を浮き彫りにする。

 展覧会タイトルは、安易に物事に白黒をつけようとする人々に対して注意を促す、イタロ・カルヴィーノによる寓話「まっぷたつの子爵」に由来。ものごとを無理やり「まっぷたつ」に分けると成り立たなくなってしまう、というメッセージを「風景」にもあてはめ、展示が構成されている。会期中は畠山本人と、詩人・佐々木幹郎、漫画家・いがらしみきお、写真家・志賀理江子による全3回の対談が開催されるほか、スタッフによるギャラリーツアーなども開催される予定。

畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景
会期:2016年11月3日~2017年1月8日
会場:せんだいメディアテーク 6階 ギャラリ―4200
住所:仙台市青葉区春日町2-1
電話番号:022-713-3171
開館時間:11:00~20:00
休館日:11月24日、12月29日〜1月3日
入館料:一般(大学生•専門学校生含む) 500円 / 高校生以下無料 (豊齢カード、障害者手帳の提示で半額)
URL:https://www.smt.jp/projects/cloven_landscape/

【関連イベント】
いずれのイベントも展覧会チケットの半券の提示で参加可能(上映のみ有料)。申込不要。

・対談
1「言葉のリアル/イメージのリアル」
佐々木幹郎(詩人)×畠山直哉
日時:11月3日 14:00〜16:00
場所:1階オープンスクエア
定員:先着160席

2「人工天国―現在の風景に何を見るのか?―」
いがらしみきお(漫画家)×畠山直哉
日時:11月23日 13:00〜15:00
場所:6階ギャラリー4200
定員:先着60席
※要約筆記つき

3「暗夜光路ー写真は何をするのか?ー」
志賀理江子(写真家)×畠山直哉
日時:12月24日 13:00〜15:00
場所:6階ギャラリー4200
定員:先着60席

・てつがくカフェ
1映画『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』から考える
日時:11月19日 13:00〜17:15
場所:7階スタジオシアター
料金:当日券のみ一般500円、高校生以下無料(豊齢カード、障害者手帳の提示で半額)
場所:6階ギャラリー4200
定員:先着60席

2 展覧会「まっぷたつの風景」から「割り切れなさ」を問う
日時:12月10日 14:00〜17:00  
場所:6階ギャラリー4200
定員:先着60席

3 展覧会「まっぷたつの風景」から「明日」を問う
日時:12月25日 14:00〜17:00
場所:6階ギャラリー4200
定員:先着60席

・ギャラリーツアー
日時:11月13日、12月4日 14:00〜
定員:両日とも先着15名
対象:小学生以上
集合場所:場所:6階ギャラリー4200受付前
次の10件を表示