小山登美夫ギャラリーの新スペース オープニングは蜷川実花展 
蜷川実花 Light of 2015 68.6×103cm ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

小山登美夫ギャラリーの新スペース オープニングは蜷川実花展 

2016年10月に北参道から六本木に移転する小山登美夫ギャラリー。移転後のオープニングを飾るのは、写真家・映画監督の蜷川実花による個展「Light of」だ。会期は10月21日〜12月3日。


 木村伊兵衛写真賞など多数の受賞歴を持ち、現在までに約90冊の写真集を刊行している蜷川実花。近年では、写真家・映画監督としての活動に加え、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の理事に就任。2016年3月19日〜5月8日に台北当代芸術館(台湾)で開催された個展「蜷川実花展」は約13万人の入場者数を記録し、国内外でますます活躍の場を広げている。

 本展では、花火や野外フェスを被写体に、暗闇できらめく光をとらえたシリーズ「Light of」が発表される。瞬間的に生み出される光と闇の情景を切り取ったこのシリーズは、蜷川作品の特徴ともいえる色彩の鮮やかさに加え、刹那的な美しさを留めようとする衝動を感じさせる本シリーズの作品を収めた写真集『Light of』(河出書房新社)も、今夏に刊行されている。

 本展は、小山登美男ギャラリーがシュウゴアーツ、タカ・イシイギャラリーとともに六本木の「complex665」に移転後、初めての企画となる。新スペースのオープニングにふさわしい、鮮烈な展覧会となりそうだ。

蜷川実花展「Light of」
会期:2016年10月21日~12月3日
会場:小山登美夫ギャラリー
住所:東京都港区六本木6-5-24 complex665ビル2F 
電話番号:03-6434-7225
開廊時間:11:00~19:00(10月21日、22日の2日間に限り11:00〜21:00)

【関連イベント】「六本木アートナイト2016」参加ギャラリースペシャルイベント
蜷川実花×町口覚トーク
モデレーター:飯沢耕太郎
日時:10月22日 15:00〜16:00
場所:小山登美夫ギャラリー
申し込み:小山登美夫ギャラリーHPを参照
次の10件を表示