タカ・イシイ移転オープニング展で取り扱い作家20組が豪華共演
Ei Arakawa in collaboration with Dan Poston, Stefan Tcherepnin How to DISappear in America 2016
Photo by Gayla Fierman, courtesy of Taka Ishii Gallery

タカ・イシイ移転オープニング展で取り扱い作家20組が豪華共演

この秋、北参道から六本木に移転するタカ・イシイギャラリー。オープニング展として、20組のアーティストによる新作グループ展「Inaugural Exhibition: MOVED」が開催される。会期は10月21日〜11月19日。


 国内外の現代美術作家や写真家を紹介してきたタカ・イシイギャラリーは、小山登美夫ギャラリー、シュウゴアーツとともに、東京・六本木に新しく建設されたビル「complex665」に移転する。新たなギャラリー空間は、ビル3階のテラスを臨むスペース。同ビル1階にはオフィス、ビューイング・ルームも設けられる。

 移転後のオープニングを飾るのは、ギャラリーがリプレゼントするアーティスト20名によるグループ展「Inaugural Exhibition: MOVED」。荒木経惟、伊藤存、五木田智央、村瀬恭子、森山大道ら国内作家から、映像作品などを発表しているイギリスの若手作家、ルーク・ファウラー、2009年のヴェネチア・ビエンナーレで特別賞を受賞したエルムグリーン&ドラッグセットといった一推しの海外アーティストまで、20組が参加する新作展だ。

 新スペースと展覧会のオープンは、六本木アートナイトの初日でもある10月21日。「complex665」は、森美術館、オオタファインアーツやワコウ・ワークス・オブ・アートなど5ギャラリーが入居する「ピラミデ」にもほど近い。新たなアートの拠点のオープンを飾る企画として、注目が集まりそうだ。

Inaugural Exhibition: MOVED
会期:2016年10月21日〜11月19日
会場:タカ・イシイギャラリー 東京
住所:港区六本木6-5-24 complex665 3階
電話番号:03-6434-7010
開館時間:11:00~19:00
休館日:日、月、祝
URL:http://www.takaishiigallery.com/
次の10件を表示