21_21 DESIGN SIGHTで「土木展」を開催
西山芳一 土木の行為:ためる(千苅ダム)

21_21 DESIGN SIGHTで「土木展」を開催

2016年6月24日〜9月25日、21_21 DESIGN SIGHT(東京・六本木)にて、「土木展」が開催される。ディレクターに迎えられたのは、建築設計にとどまらない意欲的な活動で注目される建築家、西村浩。アーティストやクリエイターとともにリサーチを行い、作品を通じて新しい視点から「土木」を紹介する企画だ。


 土木とは、道路、トンネル、鉄道、公園、橋、上下水道など、街を構成する基礎的な要素を指す。21_21 DESIGN SIGHTで開催される本展は、土木のエキスパートたちの企画に基づき、土木についてわかりやすく紹介する。写真やドローイング、インスタレーションなどの展示や参加型の作品で、楽しみながら理解を深めることができる構成となっている。

 クリエイティブチーム・ドローイングアンドマニュアルによる「土木オーケストラ」と題された展示空間では、高度経済成長期から現代までの土木の歴史を音と映像で表現。「ほる」「ためる」「つむ」「ささえる」といったキーワードから「土木」の行為を伝えるコーナーでは、小豆島を拠点に活動するアーティスト、康夏奈(吉田夏奈)の島の地層をテーマにした作品や、2016年の第15回ベネツィア・ビエンナーレ国際建築展にも参加している403architecture [dajiba] による体験型作品が展示される。

 ほかに、土木で用いられる素材や工事現場で使用する道具の展示や、土木現場作業員の思いを写真とポエムで紹介するコーナーも。ディレクターを務める土木出身の建築家・西村浩は、日常生活の中で見えにくい存在の土木を「楽しく美しくビジュアライズする」ことを目指したと語る。

土木展
会期:2016年6月24日~9月25日
会場:21_21 DESIGN SIGHT (東京ミッドタウン・ガーデン内)
住所:東京都港区赤坂9-7-6
電話番号:03-3475-2121
開館時間:10:00〜19:00(8月23日は17:00閉館)
休館日:火曜日(8月23日は開館)
入館料:一般1100 円/大学生800 円/高校生500 円/中学生以下無料
URL:www.2121designsight.jp
次の10件を表示